• 前の記事
  • 次の記事
15.12.10

【Vol.39-2】ジムニーで行く林道旅~長野県・町道高嶺線他~

広々とした草原の中に池があり、その背景には中央アルプスが連なって見える。
そんな写真を見つけて「ここに行きたい!」と必至に検索。
何県にあるのかも分からなかったが、苦労して何とかその所在地が判明した。
長野県某所にあるので、この度を機に訪れてみることに!

料理とサービスで三つ星!

信州和牛と舞茸、長ネギの朴葉焼き。自家製の胡桃味噌がまろやかで、とっても美味!

伊那市やその周辺は温泉が多くて宿には困らず、逆にどこにするか悩んでしまう。

Yカメ:あそこの風呂は景色が良いけど、料理がダメみたい。

筆者:ひなびた温泉宿は魅力だけど、ここはひなびたと言うよりも「ボロ」だよな?

Yカメ:評判がすごく良い宿見つけたけど、料金もスゴイや(笑)。

筆者:コストパフォーマンス重視で選んでくれ!

そんなこんなのやりとりで選んだ今回の宿は、きそふくしま温泉『山みず季 URARA つたや』。『電車を降りたら、すぐに温泉』をキャッチコピーとしている、木曽福島駅の目の前にある温泉宿だ。

山並みと街並みが一望できる半露天風呂(※湯は温泉ではない)が備わった部屋も用意されている。

大浴場は内風呂のみで、温泉は無色透明&無臭の含二酸化炭素・カルシウム炭酸水素塩冷鉱泉。クセのない泉質で、24時間入浴可能となっている。館内は清潔感が漂っており、露天風呂を備える豪華な部屋も用意されている。

当館の魅力は食事とサービス。趣向を凝らした和風創作料理で、一品一品がとても丁寧に調理されていて、目と舌の両方を楽しませてくれる。品目が多く、その量も絶妙。多すぎず、少なすぎずで、いい具合にお腹が大満足する。料理に関しては、これまでの林道旅の中でも、かなり上位にランクインするほどだ。

スタッフ、特に女将の対応は、高級ホテルのような堅苦しさは感じさせず、安い民宿のようなフリーダム感はない。上品ながらも親しみやすい雰囲気で、会話が弾む。とても居心地の良い宿である。心身とも存分にに癒やされたから、明日も思い切り走り回るぞ!

標高2,000m! そりゃ池も凍るわ〜

一般的な林道を走っていくと、途中からご覧のような広々とした景色が開ける。池まではまだ距離がある。

さて2日目は筆者が苦労して見つけた、絶好の撮影ポイントに行く予定だ。とあるキーワードでググれば、簡単に見つけることができるのだが、正直あまり多くの人に知られたくないので、長野県某所としておく。

地図から判断するに、宿から1時間ちょいで着くだろう。「早く着きて〜」と心躍らせながらJB23を走らせた。

Yカメ:あれっ? 行き先は♪♯≒♀でイイんだよな?

筆者:そ〜だよ!

Yカメ:Yahooカーナビだと3時間以上かかるってさ。なんでだろ?

筆者:Googleマップは?

Yカメ:今調べる。あっ、同じだ!

筆者:3時間以上?

Yカメ:そう表示されてる。

筆者:そんなに掛からないだろ!

Yカメ:だよな〜。なんだろ?

某所からの景色。コーヒーを湧かそうと思ったのだが、風が強く寒すぎて止めた(笑)。

カーナビが正しいと思ったのは、しばらく走ってからのこと。国道だけどワインディング続きの道幅の狭い山岳路なのだ。大型車も通るから巡航速度が低くなるのは当然のこと。1時間ちょいは到底無理で、ほぼカーナビの予定通り、3時間近くかかってしまった…。

目的地の某所だが、途中から林道、それもダートを走って行くから、この林道旅に最適なのだ。今回のJB23にはカーナビが装備されていなく、またスマホの登山用地図アプリを使おうにも電波が届かなくなるので、途中で正しいルートかどうか不安…。しかし稜線に出ると電波も復活。どうやら道は間違っていないようだ。遠くに中央アルプスを望ながら高度を上げていく。

斜度はかなりキツくて、1速だと頭打ちになるが2速だとストール気味…。そこでLOレンジの2、3速を使いながら前進し続けることにした。そして緩やかになったと思ったら、そこには見事なまでの草原が広がっていたのだ。あの池もある。間違いなくココだ!

池の先をさらに進むと積雪があった。聞くところによると、一週間前に降ったとのこと。

池の畔にJB23を停めて斜面を登る。そこから見た風景は、まさにパソコンで見つけた写真そのもの。違うのは芝生が枯れていることと、池が凍っていること。

芝生が枯れているのは想像していたが、池が凍っているとは! まぁ標高2,000mもの高所だから当然であろう。それにしても素晴らしく美しい風景だ。希望通りの風景写真も撮れたし、今回の旅は過去最高の150点かな!?

2015年を締めくくるに相応しい旅になったと自画自賛! 今年も1年間、『ジムニーで行く林道旅』を読んで頂きましてありがとうございました。なお来年からは奇数月のみの更新となりますが、ご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

草地への乗り入れは禁止されているが、道は一般車両でも通行可能。ただし傾斜はかなりキツい。

  • 前の記事
  • 次の記事

関連ページ

【Vol.44最終回】 ハンバーガー号最後の冒険~Googie's Cafe [長野] 後編

最終回拡大版もいよいよ後編。 フラットヘッド代表・小林昌良さんのインタビュー、 そしてラストを飾る特...

【Vol.44最終回】 ハンバーガー号最後の冒険~Googie's Cafe [長野] 前編

最終回拡大版は長野から。 長野のアメリカンダイナーと言えばこの店! その正体は自社農場を持つ地産地消...

【Vol.44】ジムニーで行く林道旅~長野県・小谷林道~

5年前のゴールデンウィーク明けに訪れたが、深い残雪により走れなかった林道がある。 長野県北安曇郡小谷...

【Vol.40-2】ジムニーで行く林道旅~長野県・金倉林道他~

平日にも関わらず、満員という人気を誇る『奥山田温泉 満山荘』。 料理、温泉、接待の全てに「これは人気...

【Vol.40-1】ジムニーで行く林道旅~長野県・金倉林道他~

11月中旬に長野県で、とある取材が入った。 地図で住所を確認したら、近くに未走行の林道があるじゃない...

【Vol.39-1】ジムニーで行く林道旅~長野県・町道高嶺線他~

前回の林道旅は念願だった『栗原川林道』を訪れた。 5、6年越しの目的を叶えたのだが、実はもう1本まだ...

【Vol.34-2】ジムニーで行く林道旅~長野県・蝶ヶ原林道他~

結局林道を走っている最中、小雨こそ降ったが撮影には影響なし。 相変わらずの晴れ男ぶりを発揮したふたり...

【Vol.34-1】ジムニーで行く林道旅~長野県・蝶ヶ原林道他~

林道にも我々二人と相性の善し悪しがある。 よく候補に挙げるのだけれども、そのときだけいつも通行止め....