• 前の記事
  • 次の記事
15.09.10

【Vol.36-1】ジムニーで行く林道旅~秋田県・萱峠林道他~

今回は3泊4日東北林道旅の後半をお届けしよう。
念願だった『河原毛大滝湯』に浸かって大満足した我々ふたり。
次なる目的地は大人気の秘湯『乳頭温泉郷』だ。
林道は岩手県と秋田県を跨いでいる『真昼岳林道』と『萱峠林道』の2本をチョイス。
「荒れている」との情報を知り、楽しみにしていたのだが...!?

横手市で評判のラーメン屋を発見!

1日で40km以上の林道を走ったのは、いつ以来だろう? さすがに充実感が大きい。

『沼井林道』と『宇土沼林道』、『桧沢林道』と3本の林道、トータル40kmオーバーのダートを走り、さらに野趣溢れる『河原毛大滝湯』に浸かって大満足な1日を過ごした。そのまま情緒ある温泉宿に宿泊して…といきたかったのだが、その後のスケジュールを考慮すると街の中に泊まった方が都合が良い。そこで秋田自動車道のインターチェンジがある、秋田県横手市のビジネスホテルに泊まることにした。

予定している林道は、岩手県と秋田県を跨いでいる『真昼岳林道』と『萱峠林道』の2本。前者は約25㎞、後者は約12㎞と距離的には申し分なし。ともに岩手県と秋田県の両方からアプローチできるので、どちらから攻めるか悩んだ。

時間を優先するなら秋田からアプローチするのだが、よくよく調べてみると、『真昼岳林道』は岩手側の入り口から5kmのところで、工事により通行止めされていることが分かった。距離を稼ぐなら秋田側からアプローチすべきだが、秋田側からどこまで走れるかまでは不明。そして岩手側は地図に『日本一の紅葉林道』と記されており、さらに「路面は荒れている」とのこと。さてどちらから攻めようか? 取りあえず「飯を食いながら考えようぜ!」とホテルにチェックインするやすぐに横手市の街に繰り出した。

横手駅の近くにあるラーメン屋『そうま』の人気メニュー『牛タン』。評判の高さ通り、納得の味だった。ラーメンも旨し!秋田県横手市寿町9-8 寿ビル1階

「さて何を食べようか?」とりあえずスマホで検索したら『牛タン定食』で評判の店を発見! 二人の意見が一致したので迷うことなくその店へ行くことに。

元々は人気のラーメン屋なのだが、牛タン定食を始めたところ、そちらも大人気。「両方ともオススメです」と言われたので、それぞれ牛タン定食を選び、ラーメンを半分ずつ分けることにした。

いや〜、評判通りの美味さ! 牛タンは噛み応えがあり、噛みしめるほどに旨みが出てくる。もちろんお米は麦飯だ。そして本業であるラーメンはオススメのこってりを注文してみた。スープの表面は油で覆われ、刻まれた油揚げが浮かんでいる。「たしかにコッテリしてそうだな〜」とスープを飲んだところ、しつこさはなく、非常に豊かな風味が口中に広がった。奥深い味である。麺はコシのある中細麺でツルツル&シコシコ。スープとの相性はバッチリで「これなら一人で一杯いけたな!」と少し後悔した。

この店の名は『そうま』。横手駅から300mほどの距離なので、近くに行かれた方は是非!

沢沿いで清々しくて気持ち良い〜

「路面が荒れている」との情報だったので、4WDにシフトして進む。夏真っ盛りだったが、沢沿いということもあり涼しかった。

美味い牛タンとラーメンを食べたおかげで(?)、前日の疲れを残すことなく、実に目覚めの良い朝を迎えた。

林道だが、まず先に『真昼岳林道』を岩手側からアプローチすることにした。「通行止め」の情報だが、もしかしたら通れるかも知れないし、抜けられなかったとしても、すぐに『萱峠林道』へアプローチできるから。「通行止め」と言われながらも実際は抜けられる林道は意外と多いので、その可能性にもかけたのだ。

秋田自動車道・湯田ICで一般道へ降り、県道1号線を北上する。そして『真昼温泉』に通じている道を左折し、そのまま進むと『真昼岳林道』となるので迷うことなく入り口に到着した。

『真昼岳林道』に沿って流れている『真昼本沢』。紅葉の時期の景観は『日本一美しい』と言われているとか。

沢に沿っており、それを見ているだけで涼しさを感じる。そして目の前には手つかずの自然林が広がっていて、目と心を安らげてくれる。地図に「荒れている」と書かれてはいたものの、路面は整備が行き届いておりフラットダートで非常に快適だ。

「たまには荒れた林道を走りたいな〜」と期待していたので、ちょっぴり拍子抜け…。Yカメも「何だか普通の林道だな」と残念そう。やはりたまには林道でもアグレッシブな写真を撮りたいようだ。とは言え、やはり舗装されていないダートを走るには気分が良い。

普段の林道旅では他のクルマにほとんど出会わないが、今回は数台のクルマ(軽トラと乗用車)とすれ違った。そして1台のオフロードバイクとも出会った。緑の中を気持ち良く走れるから、ドライブコースとして人気なのだろう。ビギナーでも安心して走れるルートだ。

しばらくすると左側に流れる沢が近づいていた。そして歩いて河原に降りられる場所を発見! 行ってみたら、これが何とも気持ちのよいスペースなのだ。

河床が大きな岩盤で水深が浅いから、川遊びに最適! 深いところもあるが、流れが穏やかなのでそこでも遊べるだろう。水は澄んでいて、とても冷たい。知っていたらここでランチと洒落込んだのにな…。我々が撮影したり遊んだりしている間にも数台のクルマが通ったが、この場所に気付かないのか、スピードを落とすことなく通り過ぎて行く。もしかしてここ穴場じゃね?

距離は短くても風情あり!

事前情報通り、『真昼岳林道』は岩手側から5kmの地点で通行止めだった。再び来られる口実ができたと前向きに考えよう!

とても気持ちの良い『真昼岳林道』だったが、情報通りに5㎞走った所で『通行止』。Uターンを余儀なくされた。仕方なしに、そのまま南下して『萱峠林道』を目指す。

Yカメは8時間耐久の疲れが残っているようで、舗装路に変わるや気持ちよさ気に眠りについた。ナビが寝るとは…。まぁ、カーナビがあるから問題ない! と思っていたら『萱峠林道』が見つからない…? 分かれ道付近で工事をしていて、迂回されたこともあり、頭の中は完全に『?』状態。思うままに走っていたら、緑鮮やかな芝生が広がっている場所に出くわした。どう考えてもこれは林道ではない。完全に迷ってしまったようだ。

Yカメ:「どうかした?」
筆者:「恥ずかしながら迷ったみたい…」
Yカメ:「迷うような道だったっけ?」
筆者:「油断していたら迷った…」

『萱峠林道』の入り口を目指していたら迷ってしまい、こんな広場に出てしまった(汗)。途中までヤブが濃いから合っていると思ったのだが…。

Yカメがスマホ用アプリの詳細な地図で確認したところ、やはり違ったルートを走っていた。すぐに正規ルートに引き返し、30分ほどのロスでどうにか『萱峠林道』の入り口に辿り着いた。

『萱峠林道』は手持ちの地図に「岩手側は大荒れ」と記載されているので、期待しながらも用心してJB23を走らせる。もちろんトランスファーは4WDだ。

先ほどの『真昼岳林道』とは違い、交通量はほとんどないようで、草木は伸び放題。かなり荒涼としており「これならいつ通行止めになっておかしくないな」と思いながらも前進を続ける。

いくら進めど、「これは!」とワクワクするような難所は現れない。そしてジワジワと視界が明るくなり、草木も手入れされているような…? オドメーターを見たら入り口から6㎞以上走っていた。どうやら秋田県に入ったみたい。となると「岩手側は大荒れ」の情報はなんだったんだろう? ヤバいと感じる場所はひとつもなかったんだけど? ハードに走れることをかなり楽しみにしていたんだけどな~。まぁ無事に帰るのが旅だから、良しとするか!

どうやら路面は整備されたようで、荒れた場所はどこにもなかった。気持ち良く走れたが、たまにはハードなクロカン遊びをしたかったぜ!
  • 前の記事
  • 次の記事

関連ページ

【Vol.36-2】ジムニーで行く林道旅~秋田県・萱峠林道他~

本日の宿は、今回の旅の目玉でもある『乳頭温泉郷』の『山の宿』。 『乳頭温泉郷』は十和田・八幡平国立公...