JIMNY LIFE ジムニーをとことん楽しむ僕らのライフスタイルマガジン JIMNY LIFE ジムニーをとことん楽しむ僕らのライフスタイルマガジン

CATEGORY MENU

ON THE STREET BURGER
VOL.028
"JUL 26 1985"~Homework's [東京・広尾]
"JUL 26 1985"~Homework's [東京・広尾]

日本で最初のグルメハンバーガー&サンドイッチレストラン。
誕生は1985年の7月26日。もうすぐ30周年!
これを祝して今回は少しだけこの"30年"を振り返ってみたく......

今から30年前の1985年7月。東京都渋谷区、広尾(ひろお)商店街の一角に日本で最初のハンバーガーレストランがオープンした。同年10月26日、米国カリフォルニア州"ヒルバレー"でエメット・ブラウン博士デロリアンによる時間旅行実験に成功するちょうど3ヶ月前のことである――。

日本で最初のハンバーガーレストラン

さておき……アレ? いつものハンバーガー号は??? と、さぞやご不審のことと思われる。ナンだ、この赤いクルマは……いや、この↑→クルマこそAPIOジムニーコンプリートカーTS7、いつもの「ハンバーガー号」に紛れもなし。


しかしどうしてこのような色に変わってしまったのか……それについては聞くも涙、語るも涙、今日のこの「Homework's (ホームワークス)」創業30周年を祝う記事にふさわしからず、よって後日あらためてご報告させていただくこととしたく、悪しからず……。


§§


場所は広尾商店街。いつから付いたか「広尾散歩通り」という名で親しまれる明治通りから外苑西通りへ抜ける一方通行の一画。その折れ曲がった突き当りに「祥雲寺」という寺があり、その山門手前・右手の角にこの店。横の坂道を上がるとすぐ聖心女子大学。朝な夕なにおびただしい数の女学生が往き来している。

そんな角地で30年、1985年7月26日からずっと営業を続けている。30年の間に商店街の顔触れは一変、変わらずやっている店の方が少なくなった。その変わらない店のひとつがホームワークス。店名も同じなら場所も構えもそっくり同じ。1985年から旅してきたタイムトラベラーはきっとそのあまりの変わりなさに驚くに違いない。


日本で最初のハンバーガーレストランである。"レストラン"というのは、卓上にフォークとナイフがきちんとセットされた、「食事」としてハンバーガーを楽しむことができる店のこと。ホームワークスがオープンするまで、都内でハンバーガーと言えばチェーン店か、カウンターをメインとした「スタンド」のような店で食べる安価なものしか無かった。

日本へ行ったらホームワークスへ行け

創業者・大木泰子さんは長きの米国生活より帰国した際、米国で生まれ育ったお嬢さんのために、向こうで食べていたようなおいしく健康的(Healthy)で心のこもった(Hearty)、家庭的な(Homey)ハンバーガーが日本でも食べられるようにと自ら店を始める。コンセプトは3つの"H"。まさに母なるやさしさに満ちた店だ。


ノウハウの無いところから、イチから自分で、その「思い」だけで始めた。技術が進んで良い建築資材が簡単に安く手に入り、「それっぽい」雰囲気の店が短期間で造れるようになった今日と違い、30年前、店はかなりな手間と費用をかけて造られた。だから細部に至るまでガッチリと実に良い造りの店である。


厨房の鉄板・グリルをはじめ店内の装飾一切、サイズから色から鉄板の厚みから、すべてがオーダーメイド。特注品。だから椅子ひとつ換えるにもよく似たものを探さねばならず、大変という。


ホームワークスと聞いてすぐ思い浮かぶあのロゴの"天使"は当時小学生だったお嬢さんのデザイン。店内に掛かる2枚の絵も長じてデザイナーになられたお嬢さんの作である。

ホールより一段下がったキッチン。何十万、何百万のハンバーガーがここで焼かれたことだろうか

とにかく30年前、"おやつ"や"軽食"でなく「食事」として耐え得るハンバーガーを出す店は都内にほか無かった。1985年と言えば「ウィー・アー・ザ・ワールド」の年である。「つくば博」の年である。電電公社民営化の年である。阪神タイガース日本一の年である。なお、ホームワークス開業の週の全米No.1はポール・ヤング「エブリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」である。当時の日本マクドナルド社長藤田田氏は毎週のように「テリヤキバーガー」を食べにホームワークスを訪れ、それから程なくして「てりやきマックバーガー」が発売されたという"噂話"も伝わっている。


広尾・麻布・六本木から恵比寿にかけては都内で働く外国人の多く住む一帯で、ホームワークスは彼らからの根強い支持を30年間ずっと受け続けてきた。毎年7月4日に六本木の米国大使館で開催される独立記念パーティーにおいて、ホームワークスはそのケータリングの常連である。大使館からの依頼があって初めて進む話なので、それが何十年と続くのは大変名誉なことだ。


そのある年のパーティーの席上、「『日本へ行ったらホームワークスへ行け』と親父に言われた」という米国人の青年がホームワークスのブースを訪ねて来た。今や米国人の間でも親子二代にわたり語り継がれる名店である。

伝統のスタイル

開店当時からのベストセラー「ミルクシェーク」880円。広尾本店ではミキサーを使わず、手でかき混ぜて作っている

現在ハンバーガーは9品。サンドイッチ12品。他に季節限定のメニューがそれぞれ数品ずつ。また世に先駆けてベジタリアン向けのメニューも以前から提供しており、バーガーとサンドが全部で6品もある。本日はベーコンバーガーレギュラー150gパティにチェダーチーズ200円のトッピングで1,550円。


上下重ねず開いた状態でクレソンをひと添えして出すのが30年変わらぬ伝統のスタイル。皿はオーバル。近年必須のバーガー袋は無し。パティは豪州牛使用、110・150・220gのサイズ3種類。直火でしっかりグリルして表面に十字の焦げ跡。芳ばしい牛のにおい。そこへ特注バンズのゴマの食感。自家製タルタルソース、チーズ、ピクルス、オニオン、すべての味がやさしく細やかに調和して、品のあるバーガー。今日食べて明日また食べたく思わせる――30年愛され続けるおいしさの秘密はまさにそこにある。


§§


ただ一点のわずかな変化は、創業者・大木さんが先年ご勇退されて、2013年春より、NEXCO東日本のグループ会社でサービスエリアなどを管轄する「ネクセリア東日本」が引き継いで運営に当たっていることだ。ハンバーガーの老舗と「道」は実はそんな形で繋がっている。そのまた先の"道"は果たしてどうなっているだろう。

 「よし、では、ハンバーガー号の目標時間を"2045年7月26日"にセットして……」
 「あぁ、ちょっと待ってGAO隊長。広尾散歩通りでは加速するのに道が足りないですよ」
 「道だって? これから行く所に"道"は要らん」

いや、それではオンザロードもNEXCOさんも困ります――。


 TO BE CONTINUED...

< 文と写真:松原好秀 写真:GAO NISHIKAWA >

Homework's [東京・広尾]

所在地: 東京都渋谷区広尾5-1-20 七星舎ビル1F
アクセス: 首都高2号目黒線・天現寺出入口より3分
      東京メトロ日比谷線 広尾駅歩3分
駐車場: 近隣にコインPあり
TEL: 03-3444-4560
URL: http://www.homeworks-1.com/
オープン: 1985年7月26日
* 営業時間 *
月~金:11:00~21:00(LO20:30)
土曜日:11:00~20:00(LO19:30)
日・祝: 11:00~18:00(LO17:30)
定休日:無休(要確認)

店の前でAPIOジムニーコンプリートカーTS7「ハンバーガー号」
渋谷区広尾5丁目1-20。ホームワークスは同地に30年に誕生した
途中2段の段差がある店内。奥の油彩画と……
そしてこの絵が今はデザイナーをされている創業者・大木さんのお嬢さんの作品
そのお嬢さんが小学生だった当時デザインした天使のロゴマーク。最先端の3Dレーザー彫刻機などまだ無かった頃に製作された大変貴重なガラスエッチングが今も店内に
天使は他にも店内随所に
ことに目を引く造り付けの冷蔵庫。天井まで及ぶ丈の高さ。角に丸く「アール」を付けるなど造りがなかなか込んでいる
そしてさる5月28日、広尾・麻布十番に次ぐ3店目のホームワークスが品川にオープンした
階上にはこんな気持ちのよい公園が広がる品川シーズンテラス(上)。従来のホームワークスの雰囲気を踏襲しつつもモダンな店構えの新店だ(下)
バーガー以上の品数を誇るサンドイッチ。これはスタッフの間で人気No.1の「チキンサラダ」1,140円"
広尾散歩通りをゆくハンバーガー号"
広尾商店街のハンバーガー号"