JIMNY LIFE ジムニーをとことん楽しむ僕らのライフスタイルマガジン JIMNY LIFE ジムニーをとことん楽しむ僕らのライフスタイルマガジン

CATEGORY MENU

with APIO Jimny
VOL.015
人生初キャンプでFRONT RUNNERのルーフラックが大活躍!
人生初キャンプでFRONT RUNNERのルーフラックが大活躍!

アピオスタッフの井上です。

2018年6月23日から1泊で開催されたキャンプイベント「ノマディキャンプ」に参加してきました!

ノマディキャンプ はMOTOアウトドアブランド「nomadica」の代表を務めるコバユリこと小林夕里子さんが主催するキャンピングイベント。
※コバユリさんには以前アピオジムニーライフ「トライ・ザ・リンドー」にもご出演いただいています。

さて私は自分で装備を揃えてキャンプに参加するのは人生初!
ゆるキャン△の影響もあってか(?)キャンプに興味津々だったため当初二輪でのプライベート参加を計画していましたが、ノマディカさんからアピオでのブース出展のお話を頂きジムニーコンプリートカー展示として参加してきました!

アピオスタッフ Ken Inoue

FRONT RUNNERのルーフラックが大活躍!

今回の展示車両にはジムニーJB23-TS7ベースのトラベラーズ号をチョイス。キャンプイベントなので今年ジムニープロショップアピオでお取り扱いを開始した「フロントランナー」製ルーフラックにサイドオーニングを装着しての参加です。

一人分の荷物ですが、展示用にテーブルやチェアを多めに用意、配布用カタログなども持って行くためルーフラック上にはボックスとテーブルをマウントしました。

多様なオプション品のお陰でルーフラックへの積載は非常に簡単で且つ安心して走行できます。

ちなみにラックに載せたアルミボックスはダルトンの「ALUMI CONTAINER CONVOY RC-L」。
高さが340mmをなかなか背高ですがフロントランナーオプションのコーナーブラケットのお陰で非常にしっかりと積載でき、高速移動も全く問題なく安心でした。

もうこれ無しでは考えられない!サイドオーニング

2日間大活躍してくれたのがフロントランナーで取り扱いのサイドオーニング(車載タープ)です。1日目の雨からも、2日目の強い日差しからも守ってくれました。

このサイドオーニングは慣れればひとりでも設置が出来、時間もかかりません。
高さ調整も容易で雨がタープに溜まらない様に角度調整も簡単に出来ます。
そしてなにより絵図らがイイ!

イベントに参加されていたキャンパーさん達も絶賛していたのがこちらタープでした。フロントランナー製ルーフラックをご検討いただいているオーナーさんには是非合わせてお勧めしたいアイテムです!

ジムニープロショップアピオはFRONT RUNNER JAPAN指定のジムニー専門店です。当ルーフラックが気になったら是非ご相談下さい。ジムニーでのオートキャンプが捗ること間違いなしです。

FRONT RUNNER アルミルーフラックについてはこちら

参加された皆さん。アピオ井上さんはバナーを持って行かない痛恨のミス!
1日目は雨が降ったり止んだりでしたが夕方6時には完全上がり虹も見れました!
この日の為に購入したテントはモンベルのクロノスドーム2型。素人の私でも簡単に設置出来ました。オレンジが綺麗です。
テントって自分の部屋感がたまらないですね。シュラフはナンガのUDD BAG 380、アピオスタッフ森光のお勧めで決めました。テントに敷いたブランケットはダルトンのアクリルブランケット、クロノスドーム2型にジャストサイズでした。
二日目はこの晴天!最高です。
アピオジムニー旅暮らしでお馴染みジムニー&セロー乗りのモデル山下さん(左)と、YAMAHAブロンコ乗りでインスタグラムでも有名なチャリ乗りジョニーさん(右)と記念撮影!
ジョニーさんのYAMAHA BRONCOとSUZUKI JIMNY バンビー号